query_builder 2023/04/21
ブログ
37

外壁塗装工事が完了してからすぐに、外壁に目立った劣化症状が現れた場合は施工不良の可能性があります。
そこでこの記事では、外壁塗装の施工不良のサインについて解説していきます。
ご自宅の外壁に気になる症状を見つけた方は、ぜひ参考にしてみてください。
▼外壁塗装の施工不良のサイン
■ピンホール
針で刺したような、小さい穴が多く発生するのがピンホールです。
塗料の内側がしっかりと乾いていない状態で、重ね塗りを行った場合に発生しやすいです。
数個のピンホールが発生する程度なら問題ないケースもありますが、無数にピンホールがある場合は施工不良が原因でしょう。
■塗膜の剥がれ
塗装をしてから1~2年で塗装が剥がれてきた場合は、施工不良を疑いましょう。
塗膜の剥がれは、職人の知識不足・手抜きによって起こります。
下塗り材選びや塗料を塗る量が適切でなかったりすると、塗膜が剥がれてくるでしょう。
■色ムラ
綺麗に塗装を施しても、わずかな色ムラは残るでしょう。
ただしはっきりと分かるような色ムラは、施工不良の可能性があります。
▼まとめ
施工不良のサインとして、ピンホール・短期間での塗膜の剥がれ・色ムラがある場合は、施工不良の可能性があるので注意しましょう。
『今野美装株式会社』は、袖ヶ浦市で外壁塗装を承っております。
中間業者を通さずに自社による一貫施工が可能ですので「なるべく料金を抑えて施工してほしい」というご要望も、歓迎しております。
施工にも一切の妥協はございませんので、安心してご依頼いただけます。

記事検索

NEW

  • 外壁を塗り替えるタイミングはいつがベスト?

    query_builder 2024/06/03
  • 鉄部塗装の流れをご紹介

    query_builder 2024/05/01
  • 中古住宅外壁のチェックポイント

    query_builder 2024/04/15
  • 水性塗料と油性塗料の違いとは?

    query_builder 2024/04/01
  • 遮熱と断熱の違いを簡単に解説

    query_builder 2024/03/15

CATEGORY

ARCHIVE