屋根が劣化している時のサインとは?

query_builder 2023/06/21
コラム
14

屋根の劣化を放置すると、雨漏りの原因となります。
建物を傷めてしまうので、早めに劣化に対処することが大切です。
そこで今回は、屋根が劣化している時のサインについてご紹介します。
▼屋根が劣化している時のサイン
■色あせ
屋根の色あせは、劣化が始まったサインです。
そのため早急に対処しなくても問題はありませんが、そのままにしておくと劣化はさらに進んでいきます。
これから劣化が始まるサインなので、早めの対策をすると良いでしょう。
■コケやカビ
屋根の水はけが悪くなると、コケやカビが発生する原因となります。
雨が降った後なかなか雨水がはけない場合は、劣化が進んでいるかもしれません。
■棟板金の浮き
ストレート屋根と金属屋根には、棟板金があります。
棟板金は、釘で固定されていますが気温や風の影響で浮いてしまう場合があります。
そのままにしておくとサビや下地材が剥き出しになるので、早めに対処しましょう。
■反り
ストレート屋根の場合、反りがでてきたら劣化しているサインです。
塗装効果がなくなると、ストレート屋根は水分を含みやすい状態になります。
ストレート屋根が反り返るようになり、強風が吹くと一気に屋根材が剥がれてしまう恐れがあります。
▼まとめ
屋根が劣化しているサインは、色あせ・コケやカビ・棟板金の浮き・反りなどが挙げられます。
劣化のサインを見逃すと、さらに悪い状態になってしまうので定期的にチェックするようにしましょう。
当社は、袖ヶ浦市で屋根塗装工事を行なっている会社です。
屋根の状態を確認してから、最適なプランを提案いたします。

記事検索

NEW

  • 外壁を塗り替えるタイミングはいつがベスト?

    query_builder 2024/06/03
  • 鉄部塗装の流れをご紹介

    query_builder 2024/05/01
  • 中古住宅外壁のチェックポイント

    query_builder 2024/04/15
  • 水性塗料と油性塗料の違いとは?

    query_builder 2024/04/01
  • 遮熱と断熱の違いを簡単に解説

    query_builder 2024/03/15

CATEGORY

ARCHIVE