外壁塗装を行う頻度はどのくらい?

query_builder 2023/10/15
コラム
31

新築時から外壁のメンテンナスを行っていない方は、多いようです。
外壁は年月とともに徐々に劣化していくので、定期的なメンテナンスが必要です。
そこでこの記事では、外壁塗装を行う頻度について解説していきます。
▼外壁塗装を行う頻度は?
外壁塗装は、10年に1度がおすすめです。
遅くとも前回の塗装から15年経過したら、外壁塗装を検討しましょう。
ただし、外壁に使われている塗料の種類によって頻度は前後します。
塗料ごとの耐用年数は、以下を参考にしてみてください。
・アクリル塗料…5~8年
・ウレタン塗料…8~10年
・シリコン塗料…10~12年
・フッ素塗料…15~20年
・無機塗料…15~20年
▼劣化症状がある場合
次のような劣化症状がある場合は、年数に関係なく再塗装が必要です。
■0.3mm以上のひび割れ
建物の内部までダメージが及んでいる可能性があるので、メンテナンスが必要です。
■チョーキング現象
外壁に触って手に白い粉が付く「チョーキング現象」が発生している場合は、外壁が劣化していることを示しています。
放置するとさまざまなリスクにつながるため、外壁塗装を検討することをおすすめします。
■塗膜の剥がれ・膨れ
塗膜が剥がれていると、外壁の防御機能が失われています。
塗膜の剥がれ・膨れ(剥がれる前の状態)がある場合も、早めの外壁塗装を検討しましょう。
▼まとめ
外壁塗装は、10年に1度の頻度で行うのがおすすめです。
ただし0.3mm以上のひび割れ・チョーキング現象・塗膜の剥がれなどがあった場合は、経過年数に関わらずメンテナンスが必要でしょう。
『今野美装株式会社』は、袖ヶ浦市にて外壁塗装を承っております。
中間業者を通さずに施工できますので、安心価格で高品質な施工が可能です。

記事検索

NEW

  • 中古住宅外壁のチェックポイント

    query_builder 2024/04/15
  • 水性塗料と油性塗料の違いとは?

    query_builder 2024/04/01
  • 遮熱と断熱の違いを簡単に解説

    query_builder 2024/03/15
  • 室内用塗料の選び方とは?

    query_builder 2024/03/01
  • 室内塗装を自分で行う際の手順は?

    query_builder 2024/02/15

CATEGORY

ARCHIVE