クラックを放置するとどうなる?

query_builder 2023/05/13
コラム
4

外壁にひび割れがあった際に、放置していませんか?
クラックに気づいたときは、できるだけ早めに対処することが大切です。
外壁のひび割れに気づいたときの対処法や、クラックを放置するとどうなるのか紹介いたします。
▼クラックとは
亀裂やひび割れのことで、外壁やコンクリートにはクラックが起きやすいです。
外壁の他に、内壁・基礎部分・モルタル・コンクリートの床・外壁材の目地などにも発生する恐れがあります。
■クラックの原因
・経年劣化…外壁が雨風や紫外線にさらされ、劣化が進むため
・壁材の性質…モルタルやコンクリートなど水を使う外壁材は、乾燥しやすいため
・施工不良…塗料の相性や特徴を正しく理解せずに施工を行うと、クラックにつながる
・地震の揺れ…振動によって建物に力が加り、外壁材が耐え切れなくなるため
■クラックを放置するリスク
クラックを放置すると、外壁内部が腐食してしまい建物全体の強度が低下してしまいます。
また建物の耐久性低下・雨漏り・シロアリの発生などのリスクも考えられるでしょう。
外壁の定期的なメンテナンスを行い、クラックを見つけた時は早めの対処が必要です。
またご自身での対処が難しい場合は、専門業者に相談すると良いでしょう。
▼まとめ
クラックとは、外壁や外壁内部などにできる亀裂のことです。
放置すると、建物の耐久性低下・雨漏り・シロアリ発生などのリスクがあります。
当社では袖ヶ浦市を中心に、外壁塗装や防水工事に関するご依頼を承っております。
お困りごとから塗装後のイメージ・塗料の材質・健康対策のことまで、塗装のことなら何でもお任せください。

記事検索

NEW

  • 外壁を塗り替えるタイミングはいつがベスト?

    query_builder 2024/06/03
  • 鉄部塗装の流れをご紹介

    query_builder 2024/05/01
  • 中古住宅外壁のチェックポイント

    query_builder 2024/04/15
  • 水性塗料と油性塗料の違いとは?

    query_builder 2024/04/01
  • 遮熱と断熱の違いを簡単に解説

    query_builder 2024/03/15

CATEGORY

ARCHIVE