室内塗装を自分で行う際の手順は?

query_builder 2024/02/15
コラム
40

「室内を自分で塗装しておしゃれにしたい」という方は、多いのではないでしょうか。
そこで今回は、室内塗装を自分で行う際の手順について解説していきます。
室内の塗装を検討している方は、ぜひチェックしてみてください。
▼室内塗装を自分で行う際の手順
①下地処理
つるつるした壁の場合は、事前にやすり紙で表面を粗くしましょう。
またエアコン・コンセント・巾木などの周囲を、養生用テープ・ビニールシートなどを使って保護することも大切です。
②塗装
塗装は2回行うと、ムラなく綺麗に仕上がります。
ペンキは事前に振ってしっかりと混ぜておくと、より仕上がりが綺麗になります。
1回目の塗装後にしっかりと乾燥させ、乾燥したら2回目を塗っていきましょう。
厚く塗りすぎると気泡・色ムラができやすくなるので注意が必要です。
➂養生用テープ剥がし
塗装が完全に乾く前に、養生用テープ・ビニールシートなどを剥がしましょう。
▼室内塗装の注意点
室内塗装を行う際は次のことに注意すると、より綺麗な仕上がりにできます。
・下地処理…壁紙の剥がれを補修しておくと仕上がりが良くなる
・換気…においが気にならなくなり塗料の乾きも良くなる
・汚れ対策…汚れても良い服で行う・汚したくない物を部屋から出す
また水性塗料が乾きやすくなるよう、温度が低すぎる・湿度が高すぎる環境での塗装は避けた方が良いでしょう。
▼まとめ
室内塗装では下地処理をしっかり行うと、仕上がりが綺麗になるでしょう。
また汚れ対策・温度管理などにも、十分に注意することが大切です。
袖ヶ浦市で、室内塗装をご検討中の場合は『今野美装株式会社』にご相談ください。
高度な塗装技術・丁寧な対応により、お客様の理想を実現いたします。

記事検索

NEW

  • 外壁を塗り替えるタイミングはいつがベスト?

    query_builder 2024/06/03
  • 鉄部塗装の流れをご紹介

    query_builder 2024/05/01
  • 中古住宅外壁のチェックポイント

    query_builder 2024/04/15
  • 水性塗料と油性塗料の違いとは?

    query_builder 2024/04/01
  • 遮熱と断熱の違いを簡単に解説

    query_builder 2024/03/15

CATEGORY

ARCHIVE