水性塗料と油性塗料の違いとは?

query_builder 2024/04/01
コラム
43

水性塗料と油性塗料には、どのような違いがあるのでしょうか。
塗料を選ぶにあたって、違いが知りたい方もいらっしゃいますよね。
そこで今回は、水性塗料・油性塗料の違いを紹介いたします。
▼水性塗料と油性塗料の違い
塗料はそのままでは使えないため、溶剤を混ぜる必要があります。
使われている溶剤が水なら水性塗料で、シンナーなどの有機溶剤であれば油性塗料です。
そのほかにも違いがありますので、それぞれの特徴を見てみましょう。
■水性塗料
匂いが少なく、室内での使用に適しているのが水性塗料です。
部屋の壁や天井であれば、水性塗料を使いましょう。
水性塗料には有機溶剤が含まれていないので、安心して使えます。
また、コストパフォーマンスに優れているのも水性塗料の大きな特徴です。
■油性塗料
強い匂いがあるため室内には使えないものの、優れた耐久性を持つのが油性塗料です。
耐水性もあり汚れにも強いため、油性塗料は外壁や屋根などに使用されています。
また油性塗料に使われる有機溶剤は引火性があるため、取り扱いには注意が必要です。
▼まとめ
匂いが少なく室内で使えるのが水性塗料で、外壁や屋根などの屋外で使うのが油性塗料です。
塗料を使って外壁や屋根などを塗装するのなら、ぜひ専門の業者に相談してみましょう。
袖ヶ浦市での外壁塗装なら、地域密着型の『今野美装株式会社』がご依頼を承っております。
高品質な外壁塗装を提供しておりますので、外壁塗装や防水工事ならぜひお申し付けください。

記事検索

NEW

  • 外壁を塗り替えるタイミングはいつがベスト?

    query_builder 2024/06/03
  • 鉄部塗装の流れをご紹介

    query_builder 2024/05/01
  • 中古住宅外壁のチェックポイント

    query_builder 2024/04/15
  • 水性塗料と油性塗料の違いとは?

    query_builder 2024/04/01
  • 遮熱と断熱の違いを簡単に解説

    query_builder 2024/03/15

CATEGORY

ARCHIVE