外壁のサビを放置する危険性とは?

query_builder 2023/05/17
コラム
5

建物の外壁は自然環境にさらされているため、時間が経つとサビが発生してしまいます。
では発生したサビを放置すると、どのような危険につながるがご存jiでしょうか。
そこで今回は、外壁のサビを放置する危険性についてご紹介します。
▼外壁のサビを放置する危険性
■雨漏り
サビを放置すると腐食が内部へ進行し、外壁に穴が開いてしまう可能性があります。
外壁に開いた穴から建物内に雨水が浸入し、雨漏りの原因となります。
■建物の寿命が縮まる
サビは、建物に直接ダメージを与えます。
ダメージを受けた建物は、劣化が進み建物自体の寿命が縮まってしまうのです。
建物の強度も下がるので、台風や地震など自然災害が起こると思わぬ被害を受ける可能性があるでしょう。
■サビが進行し続ける
サビを対処せずそのままにしておくと、さらに周りに広がっていってしまいます。
最初は一部分にしかできていなくても、時間の経過とともに拡大していくでしょう。
■落としづらくなる
放置したサビは、落としづらくなってしまいます。
発生したばかりのサビなら洗い流すだけで落とせますが、放置されたサビは洗い流すだけでは落とすのが難しいです。
落としづらいサビは研磨をする必要があるため、時間と費用がかかってしまいます。
▼まとめ
外壁のサビを放置すると、雨漏り・建物の寿命が縮まる・サビが進行し続ける・落としづらくなるなどの危険性があります。
サビは見た目を悪くするだけではなく、さまざまな危険性を持つので、見つけ次第早急に対処することが大切です。
当社では、袖ヶ浦市を中心に外壁塗装を行っています。
外壁や建物のサビでお困りの場合は、お気軽にご相談ください。

記事検索

NEW

  • 中古住宅外壁のチェックポイント

    query_builder 2024/04/15
  • 水性塗料と油性塗料の違いとは?

    query_builder 2024/04/01
  • 遮熱と断熱の違いを簡単に解説

    query_builder 2024/03/15
  • 室内用塗料の選び方とは?

    query_builder 2024/03/01
  • 室内塗装を自分で行う際の手順は?

    query_builder 2024/02/15

CATEGORY

ARCHIVE