チョーキングとは?

query_builder 2023/05/25
コラム
7

「チョーキング」という言葉を、聞いたことはありますか?
外壁に起こる現象で、放置すると建物に悪影響を与えてしまうので注意が必要です。
今回の記事は、チョーキングについて解説いたします。
▼チョーキングとは
チョーキングは、建物の外壁に白い粉が付着する現象で「白亜化現象」と呼ぶこともあります。
外部から白い粉が付着するのではなく、建物に含まれる合成樹脂が雨と紫外線の影響で分解され、粉状となり表面に現れます。
▼チョーキングの原因
チョーキングが起こる原因は、経年劣化と施工不良によるものです。
外壁の塗装部分は年月が経つと劣化してしまうため、チョーキングが起こります。
施工不良によるチョーキングは、下記のとおりです。
・塗料が十分に混ざっていない
・施工順序に誤りがあった
・外壁と塗料が合っていない
▼チョーキングの放置は禁物
チョーキングを放置すると、建物の耐久性と防水性が低下します。
そのため、外壁にカビ・苔・ひび割れが発生しやすくなるのです。
さらに雨水が入り込みやすくなるため、外壁だけではなく建物内部にもダメージを与えてしまいます。
建物の寿命が縮まってしまうため、チョーキングを発見したら早めに対処しましょう。
▼まとめ
チョーキングは、外壁に白い粉が付着する現象です。
経年劣化と施工不良により、チョーキングは起こります。
チョーキングが起きたら、放置しないで早めに専門業者に相談しましょう。
袖ヶ浦市にある『今野美装株式会社』では、外壁塗装工事を承っています。
細部まで丁寧に作業いたしますので、安心してご依頼いただけます。

記事検索

NEW

  • 中古住宅外壁のチェックポイント

    query_builder 2024/04/15
  • 水性塗料と油性塗料の違いとは?

    query_builder 2024/04/01
  • 遮熱と断熱の違いを簡単に解説

    query_builder 2024/03/15
  • 室内用塗料の選び方とは?

    query_builder 2024/03/01
  • 室内塗装を自分で行う際の手順は?

    query_builder 2024/02/15

CATEGORY

ARCHIVE